Any

twitterもチェック
Facebookもチェック

夏より危険!?冬こそ紫外線に気をつけなきゃいけないって本当?

冬の紫外線対策はばっちり?

紫外線は夏に対策すれば良いと思っていませんか?

実はそれは大きな勘違いなんです。

冬こそ紫外線対策をしっかりしないと、気付かぬうちに肌がダメージを受けてしまうことに。

でもそれって一体なぜ??

 

冬は紫外線対策をサボりがち

夏はもちろん日差しが強く、紫外線の量も多いです。

比べて、冬の紫外線には肌を老化させるA波が夏の約3分の1程度。

では何故?

夏は日焼け止めを塗ったり、日陰を意識的に歩いたりと多くの対策をしますよね。

その点冬は、あたたかな日なたを無意識のうちに求めてしまうのです。

しかし、冬に30分日に当たると、夏に10分日に当たるのと同じレベルなんだとか!

量が少ないとはいえ、長時間日なたにいれば、夏よりも確実に紫外線の影響を受けているといえましょう。

空気が乾燥していることも要因のひとつ

また、冬は肌が乾燥しているのでより影響を受けやすいのも事実。

さらに紫外線には水分の蒸発を促す効果もありますので、乾燥肌がさらに悪化する原因に…。

手足は露出していなかったとしても、顔は確実に紫外線の影響を受けています。

冬でも、しっかりとした対策をとることが大切なんです。

 

 

冬は日焼け止め&保湿で対策!

肌の為には日焼け止めをしっかり塗り、きちんと紫外線対策をするのが◎。

夏に使用するものほど、SPFが強力なものでなくてもOKです。

また、この時期はとにかく乾燥しやすいので、しっかりとした保湿が大切です。

保湿するなら、ゲル状のものがおすすめ。

適度にヌルヌルとしているため、肌と手の摩擦を最小限に抑えてくれるのです。

 

最後に

冬はついつい紫外線対策も気が緩みがち。

しかし、冬だからこそ紫外線やスキンケアに気をつけてみてください。

雪の反射などで余計に肌に負担もかかるので、日焼け止めを塗ることを習慣にするのがいいかもしれませんね。

化粧水などの普段の保湿ケアにプラスして、オイルやクリームを使うと、潤いの効果が持続していきますよ。

ぜひ、試してみてくださいね。

CATEGORY

×