Any

twitterもチェック
Facebookもチェック

花粉・疲れ目。症状別にみる効果抜群な目薬はどれ?

目薬ってどれを選ぶのが正解?

目薬を買いに薬局へ行くと、あまりの種類の多さに迷ってしまった経験、一度はあるのではないでしょうか。

どれを選べば良いのか迷った挙句、なんとなく無難そうなものを買ってはいませんか?

実は目薬も選び方や使い方によっては、かえって目に良くないこともあるのです。

しっかりと緩和するためにも、自分の症状に合った目薬を選びましょう。

 

症状別に選べてる?おすすめ目薬

 

しょぼしょぼする時

目に潤いを与えてあげたいときは、

塩化ナトリウム
塩化カリウム
コンドロイチン硫酸エステルナトリウム

たとえば…

・【ロートV11】(ロート製薬)

・【サンテPC】(参天製薬)

 

充血している時

目の充血、赤みを抑えたいときは、

塩酸ナファゾリン
塩酸テトラヒドロゾリン

たとえば…

・【サンテピュア】(参天製薬)

・【NewマイティアCL】(千寿製薬)

 

ぼやけて見える時

目の調節機能を整えたいときは、

ネオスチグミンメチル硫酸塩

たとえば…

・【ソフトサンティアひとみストレッチ】(参天製薬)

 

とにかく疲れがあるからどうにかしたいとき

総合的に目の栄養となるアミノ酸やビタミンを取ると良いでしょう。

ビタミンB6
ビタミンB12
L-アスパラギン酸
タウリン

たとえば…

・【スマイル40プレミアム】(ライオン株式会社)

・【サンテメディカルガードG】(参天製薬)

 

 

目薬を買う時に気をつけることって?

目薬は薬局などで簡単に買えるものと、医師からの処方出なければ手に入らないものがあります。

その違いは成分の違い。

市販の目薬の多くには、使用期間を延ばすための防腐剤が含まれています。

防腐剤の入った目薬を日頃から使用していると、目の表面を傷つけてしまうことがあります。

特にドライアイの人は涙で流れてゆくことが少なく、目にとどまってしまうことも。

また、コンタクトレンズの上からでも使用できるタイプの目薬でも、レンズに防腐剤が付着することで、目の角膜を傷つけてしまうこともあります。

もし目の違和感が続くようであれば、しっかりと眼科を受診し、適切な目薬を処方してもらうのが一番です。

 

自分の症状にあった目薬を選ぼう

花粉も気になるこの季節。

そしてスマホやパソコンの画面を見ない日はないこの時代。

自分の症状に適切な目薬で、快適な日々を過ごしましょう。

CATEGORY

×