Any

twitterもチェック
Facebookもチェック

女子の大敵紫外線!絶対焼かない派の日焼け止め講座!

今年こそ焼きたくないあなたへ!

もうすぐやってくる夏。

海やバーベキューと夏は楽しいこといっぱいですが、

一方で怖いのが紫外線!

今回は、絶対に焼きたくない人のために紫外線対策についてまとめました。

 

実は紫外線には種類があった!

紫外線は三種類あるということをご存知でしたか?

それぞれUV-A、UV-B、UV-Cの三種類があり、特性も違うんです。

■UV-A

しわ、たるみ、老化などの原因になる紫外線です。

この光を浴びてもいわゆる日焼け状態になることはありませんが、お肌への影響は強く、しわなどお顔の印象に関わる部分への影響が大きいので、注意が必要です。

 

■UV-B

いわゆる「日焼け」の原因になる紫外線です。

浴びることで肌が火傷を起こし、しみなどのトラブルにも繋がります。

 

■UV-C

紫外線のなかでも最も悪質な紫外線ですが、現時点ではオゾン層に吸収され、地球上には届いていません。

ですが、今後地球上にまで届く可能性はありますから、注意が必要です。

 

私たちが想像する紫外線というのは、おそらくUV-Bなのですが、実はほかにも紫外線があり、それぞれの対策が必要なんですよ。

 

全ての紫外線をブロックするには?

現時点でUV-Cは地球に届いていないのでひとまず安心。

しかし、AとBはそれぞれ対策が必要です。

そのときに、注目してほしいのが“SPF”と“PA+”。

よく“SPF50+”など表記されていますが、これが何か、というと…

 

SPF=UV-Bのカット率

PA+=UV-Aのカット率

 

なんですね。

最高値はSPF50+++になるので、わからない場合はこの数値のものを選んでもいいかもしれません。

けれど、カット率が高いということは、それだけお肌への負担も大きいということ。

なので、敏感肌な方は、数値の高い日焼け止めを使うことで、肌トラブルを抑えるどころか、却って悪化させてしまう可能性だってあります。

それぞれ意識をし、自分にとってちょうど良い場所を探してみてくださいね。

 

自分にあった日焼け止めを!

ほかにも、保湿効果がプラスされたものや、より軽さに着目したものなど、たくさんの種類のものがあります。

そのなかでも、自分のお肌と相談し、最も良いものを選んでみてくださいね。

 

CATEGORY

×