Any

twitterもチェック
Facebookもチェック

【ショップスタッフ直伝!】メガネの正しいお手入れ方法!

メガネ、お持ちですか?

最近では“アイウェア”なんて呼ばれていて、ファッションアイテムの1つとして定着していますよね。

目の良い方でも、1本くらいは持っている、という方もいらっしゃるかもしれません。

コンタクト派の方も、家ではメガネ、なんていう事もあるんじゃないですか?

そんなメガネのお手入れ方法。

市販のメガネ拭きで拭くだけだったり、なんとなく“自己流”でやっていたり、という方も少なくないのでは?

そこで今回は、メガネショップ店員から直接聞いたきちんとしたメガネのお手入れ方法についてお届けします。

メガネも服や靴と同じ、身につけるものですから、きちんとお手入れして長く愛用できるようにしましょう!

まずは水洗い!

 

shutterstock_147346796

まずはメガネに付着している皮脂やほこりを、水洗いで取り除きます。

メガネ拭きでは取れないミクロの汚れを洗い流すのです。

水をはった洗面器などにメガネをつけて、静かにすすぎます。

蛇口からの静かな流水を当ててもいいでしょう。

 

shutterstock_410590765

これだけでもよいですが、ガンコな皮脂汚れには、張ったお水に数滴だけ中性洗剤を落として泡立て、その中で洗うとさらにピカピカになります。

流水でメガネ全体を十分にすすいだら、次に進みましょう。

きれいにふき取る!

 

shutterstock_256831507

きれいな布やメガネ拭き、マイクロファイバーなどで押すようにして水気を取ってください。

水で流さずにそのまま拭いたり、粗い布で強くこすったりしてしまうとレンズに傷がついてしまうので気を付けましょう。

仕上げにクリーナーや曇り止めを使うのもオススメですよ。

普段使いで気を付ける事

 

shutterstock_404088214

汚れの落とし方以外にも、気を付けておきたい事があります。

それがたたみ方。

メガネをたたむ時は、自分がかける方から見て左側のテンプル(メガネの“つる”)からたたむようにしましょう。

 

shutterstock_231808693

メガネは基本的にそのように設計されているので、 右側からだときれいにたためない場合があるのです。

 

最後に

 

shutterstock_279435365

ちょっとしたコツでメガネはグッと長持ちします。
大切に扱ってメガネライフを楽しみましょう!

 

CATEGORY

×