Any

twitterもチェック
Facebookもチェック

高田純次さんのどうしようもない迷言と、グッとくる言動5選

満員電車、ひきこもり、いじめ、リストラ、過労、うつ。
「頑張る時代」と引き換えに我が国ニッポンが手にしているものは、どこかネガティブなものばかり…

 

そんなパッツンパツンな時代には、高田純次さんの言葉がよく効きます。

 

「平成の無責任男」の適当な言動で、程よく緩んだり締まったりしてってください!

1.「オレの話は話半分で聞いてくれればいいんだけど、半分は多いから5分の1ぐらいでいいんだ」

 

 

 

のっけから自分の言葉の5分の4を否定しちゃう高田さんの迷言ですが、

その裏側にはこんな信念も持っているようです。

 

 

説教、自慢話、思い出話、この3つを控えないと自分は伸びない

 

 

…年を取れば取るほど押しつけてしまいがちな3つの話ですね!

 

 

 

2.「世の中、分からないことが多いけど、街中を裸で歩いてはいけないということだけは分かってるんだ」

 

 

 

もうすぐ70歳になるのに、今でも全然脱いじゃう高田さん。

しかし高田さんのマネージャーが語った逸話にこんなものがあります。

 

 

ロケの前日に雨が降って水たまりができていたのですが、そこでブリーフ一丁、それもお尻の部分を丸く切り取ったOバックのブリーフ一丁で、『目指せ、アテネ!』と言いながら泳ぐ高田がいました

 

 

かつて昼は劇団の稽古、夜は肉体労働を経験していたプロ根性はさすが。

 

 

 

3.「僕は昔から1日1回しか寝ないことにしてるんだ」

 

おもしろかっこいい????????????#高田純次#ひょうきん

A photo posted by 金澤 正彦 (@shaqm50) on

 

 

こんなとぼけた事をいう高田さんですが、こんな名言も…

 

 

心が燃える仕事を選びなさいよ。失敗しても大丈夫。いくつになってもやり直しは効く。君がその気になりさえすれば、道はあるから

 

高田さんは26歳で結婚後、劇団の収入では生活できないこともあり、宝石販売会社に就職。その後サラリーマン生活を辞めて役者の世界へ進んだという努力と苦労の人なんです。

 

 

 

4.「オレはイタリア語がペラペラなんだけど、意味はわからないんだ」

 

 

 

高田さんと仲の良い俳優の寺尾聡さんは、氏の性格についてこう言っています。

 

 

彼は世間では無責任とか言われてるけど、本当はすっごく真面目で誠実な人間。クソ真面目っていうくらい真面目だよ

 

そんな高田さんは子供の頃、近所の人から神童と呼ばれ、中学まで成績はトップクラスであったそうな(!)

 

 

 

5.「男のパンツには興味がないけど 女のパンツには興味があるんだ」

 

 

 

年を取っても偉そうにせずスケベで、遊びを大事にする高田さん。

 

最後はそんな高田さんが数々の伝説を生んだ『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』の動画と、グッとくる名言で締めくくらせていただきましょう!

 

 

 

 

苦しいときは苦しいんだから、ふざけている余裕なんかないっていうのももっともだけど、泣いても笑っても借金が減るわけじゃないんだから、あえてふざけてみる。笑ってみる。冗談を言う余裕もなくなると人は死んじゃうって考えるのは、単純すぎるかな?

少なくとも「今日電車に飛び込むのはや~めた。明日にしよう」くらいの効用はある気がするけど。で、明日になったら、宝くじ3億円が当たったりして。あるかもよ

 

 

…名言でしたか? それとも迷言でしたか?

パッツンパツンな心、少しだけ緩めてリラックスしてくださいね。

 

(参考)

Wikipedia-高田純次

CATEGORY

×