Any

twitterもチェック
Facebookもチェック

実は知らない!?今さら聞けない”缶コーヒー”のこと

缶コーヒーの味、区別できてる?

ドリップで淹れたコーヒーと缶コーヒーの違いは分かるけど、缶コーヒーの味の違いは分からない…という人は意外と多いのではないでしょうか?

数ある缶コーヒーの種類の違い、今さら人に聞けないこともたくさんありますよね!

コーヒー、コーヒー飲料、コーヒー入り清涼飲料の違いについて

実はこの表記の仕方、100グラム当たりのコーヒー豆の使用量の違いによって変わるんです。

●コーヒー【5グラム以上】

●コーヒー飲料【2.5グラム以上5グラム未満】

●コーヒー入り清涼飲料【1グラム以上2.5グラム未満】

 

コーヒー  →  コーヒー飲料  →  コーヒー入り清涼飲料

の順番に味が薄くなっているので、その時の気分によってチョイスしたいところ。

アイディア缶コーヒーなんてものも存在する?!

缶コーヒーの中には、差別化をはかるため、バラエティに富んだ”アイディア缶コーヒー”なんてものも登場しているんです。

 

コーヒー入り炭酸飲料

文字通り炭酸入りのコーヒーです。

上品な甘さ、癖になる炭酸とうたわれ販売されています。

でも、いまいち評判は良くないそう…

長距離ドライバーはコーヒーとコーラを混ぜたものを眠気覚ましに飲む方もいるそうなので、運転時にはオススメかも?

 

エナジー系缶コーヒー

エナジードリンクと成分が同じな缶コーヒー。

飲んでみると予想以上に甘いという驚きの味です。

意外にもエナジードリンク系の味はしないので、コーヒーは好きだけど、エナジードリンクの味はちょっと苦手という人にピッタリな商品。

 

フレーバーコーヒー

こちらもキャラメルやバニラなど甘めなものが多いコーヒーですね。

なんと過去にはメンソール入り製品もあったそうです。

メンソール系はさすがに合う気がしませんが、チョコミント的な感覚で楽しめるのかもしれませんんね。

 

 

過去にはこんな缶コーヒーも?

なんと過去にはコーヒー豆入り缶コーヒーや過熱機能付き缶コーヒーというのも存在していたそう。

ここまできたら普通の缶コーヒー飲むのが無難なのでは?と思えてきますが少し興味もありますよね。

たまには変わり種缶コーヒーに挑戦して、話のネタにしてみるのも面白いかもしれません。

 

自分好みの缶コーヒーを見つけてみて!

スタバやタリーズなど、コーヒーショップに行くと美味しいコーヒーが飲めるのは事実ですが、いつでもどこでも手軽に飲むことができる缶コーヒーはやっぱり便利でいいですよね。

種類豊富な缶コーヒーの中から、是非自分の好みの缶コーヒーを見つけてみてくださいね!

 

CATEGORY

×