Any

twitterもチェック
Facebookもチェック

バンド?アイドル?いや、BiSHです。《裏》

 

 

夏ですね。

梅雨明けも宣言され、いよいよ気温も本気を出すかと思いきや連日の雨、雨、雨。

温度的に過ごし易さはあるものの、夏らしさは感じられず。

しかし、その中でも定食屋に吊るされる「冷やし中華始めました」は夏を感じさせます。

さて、夏フェスも終わりを告げる頃。

まだまだ夏は終わらせませんよ?

前回、私が書かせて頂いた「通称 BiSH入門編 」はお読み頂けたでしょうか?

まだ、という方がいらっしゃいましたら、静かに先ほど載せたURLを押して頂ければと思います。

 

前回、紹介させて頂いたのは云わば紹介する為の表向きのBiSHでした。

今回は《裏》と称し、更に掘り下げて行きたいと思います。

BiSHの由来、メンバーや代表曲の紹介は《表》を見て頂ければと思います。

それでは、参りましょう・・・

まずは、こちらをご覧頂きましょう。

 

【BiSH-フリーライブ@日比谷大音楽堂】

 

そう、これがBiSHの本来の姿。

相変わらず、チッチは可愛い。

いやはや、一段と輝いておりますね。

 

このライブを見てどのように思いましたか?

激しい?

危ない?

カッコイイ?

歌が上手い?

十人十色かと思われます。

 

『楽器を持たないパンクアイドル』

を称してるだけありまして、ライブでは、

・ダイブ(お客さんの上を転がる)
・モッシュ(おしくらまんじゅう強化版)
・サークルモッシュ(かごめかごめ強化版)

などが通常営業のライブでした。(現在は禁止・・・)

 

 

そう、まさにパンクアイドルなのです!

先日2017年7月22日には、見事に幕張メッセワンマン公演を完遂。

飛ぶ鳥をも落とす勢いのBiSH。

この流れに乗らない理由がない!

それでは、過去のPVで一番お下劣な(歌詞はめちゃんこ良いです)を紹介し、おさらばとしましょう。

【BiSH-星が瞬く夜に】

 

ちなみに「新世紀エヴァンゲリオン」や「天元突破グレンラガン」の作画で知られる「すしお」さんもBiSHファンであり、ファンクラブ会報のイラスト等を担当しており「清掃員(BiSHファン呼称)」を公言しております。

 

あなたの目に、耳に彼女達の声が届くことを祈って。

それでは、また会えることをプロミスして。

 

CATEGORY

×