Any

twitterもチェック
Facebookもチェック

イメージ激変!?かわいいだけじゃない恐ろしいアザラシの姿

水族館でも人気者のアザラシ

ずんぐりまんまるな体系、愛らしい黒い瞳のあざらしはとってもかわいくてみんなの人気者!

一時期は日本の川にも姿を見せてくれて「タマちゃん」「ウタちゃん」とまるでアイドルのように人々を虜にしました。

しかしこのアザラシ…

かわいい姿だけじゃないというのはご存知ですか?

気をつけて!凶暴すぎる”ヒョウアザラシ”!

私たちがよく知っているゴマフアザラシとは全く違う『ヒョウアザラシ』。

南海を住処にするヒョウアザラシは、一般的な可愛らしいアザラシとは裏腹に、恐ろしく凶暴な性質を持っているんです。

南極の王者とも呼ばれ、アザラシの中でも獰猛な種。

魚類だけでなくペンギンや、別種のアザラシにも容赦なく襲い掛かります。
しかもその体調は三メートルを超える巨体な種も存在するんだそう!

人間に襲いかかることもあるんだとか!

そしてこのヒョウアザラシ、人間にも襲い掛かったケースが何件か報告されています。
「ヒョウ」という名前に恥じない身体の斑点と大きく鋭い歯。
そして狩りの時には獲物で遊ぶかのような残忍さも持ち合わせているとか…?

「あざらし」も漢字表記すると「海豹」となります。
海の豹(ひょう)…ヒョウアザラシを代表にしたかのような漢字ですね。
唯一の天敵も「シャチ」くらいしかいないようです。

 

 

日本の水族館では見ることができない

その気性の荒さから、日本の水族館ではみる事ができません。

万が一飼育員に襲いかかり事件になったりしたら大変ですよね。

また、ヒョウアザラシ自体、他のアザラシに比べると生息数が少なく、捕獲がしずらいのも原因かもしれません。

アザラシの意外な種類に驚き!

でも、怖いヒョウアザラシが生息しているのは南極だけ!

日本の水族館にいるアザラシたちはとっても温厚でかわいらしい種ばかりですのでご安心くださいね!

夏が終わるまえに可愛いアザラシに会いに行って癒やされてみては??

この記事の関連ワード

CATEGORY

×