Any

twitterもチェック
Facebookもチェック

明日からはじめたい!6つのカンタン朝活とその効果

朝活って実践するのが難しい…

よく耳にはする朝活ですが、結局時間ギリギリまで寝てしまいバタバタと準備する…とうパターンに陥りがちですよね。
しかし焦って外出していては、心も身体も疲れてしまい1日をすごす上で忘れ物をしたりミスを起こしてしまうことも…
そんな方でも手軽にはじめられる”カンタン朝活”を取り入れてみませんか?

 

まずはひとつずつ挑戦!カンタン朝活法

1. 1~2分早く起きることからはじめてみる

まずは第一関門。”起きる”ということ。
眠りから覚めなければ朝活ははじめられません。
そのためにもほんのすこし…いつもより1〜2分だけ早く起きることを心がけてみてください。
5分・10分早く起きようとするとハードルが高くなり諦めに繋がりますが、1〜2分なら挑戦しやすいですよね。

 

2.起きたらまず深呼吸!太陽の光を浴びよう

無事に目覚めることができたら、まずはじめに部屋の明かりをつけて脳を覚醒させましょう!
その後太陽の光を浴びて、しっかりゆっくり深呼吸。
朝の日光を浴びるとメラトニン(睡眠ホルモン)が減少して体内時計をリセットすることができるんです。

 

3.水分補給をしっかりと。常温の水を飲む

寝ている間に失われた水分の補給をするために、コップ一杯程度の常温の水をとることを心がけてみてください。
冷たい水だと体がいきなり冷えておどろいてしまうので、常温という点もポイントです。
また朝食前に常温の水を飲む事で、便秘解消や朝食の消化を助ける効果も期待できるそうですよ。

 

4.エネルギー補給!朝食を食べる

現代人は食べない人が多い朝食ですが、朝はたっぷり栄養を摂取することが大切。
ダイエットとして食べないのは逆効果なので気をつけて!
朝食におすすめなのは、果物などの糖分やパンやごはんなどの炭水化物です。脳に必要な糖分などの栄養を補給することでお仕事も午前中からはかどります。

 

5.軽いストレッチで脳を目覚めさせる

身体の筋肉を動かす事によって、脳が興奮状態になるため、活力がわいてやる気に繋がります。
まずは、歯磨きをしながら軽いストレッチからはじめてみてください。
起きてすぐにヨガを取り入れてみるのもオススメです。

 

6.メイク前のマッサージでむくみ対策

朝は顔がむくみがちなので、メイク前にしっかりとマッサージをする習慣をつけましょう。
むくみを放っておくと、しわやたるみの原因になってしまう事も…。
朝時間の無い方は軽くリンパを流すだけでも効果ありです。

 

今日からカンタン朝活をはじめてみて!

いきなり本格的な朝活を取り入れようと思うと挫折してしまう可能性もありますが、簡単なことからはじめられる朝活は
気軽に試すことができるはず。
さっそく新しい習慣として取り入れてみては?

CATEGORY

×